重力に逆らってる場合か?!

働き盛りが会社を売り払って遊んでる様子を。(重力ってのは幻想らしいですよ)

ソラチカカードを持ってる人に JCB限定

3つの便利が、1枚の翼になりました
ということで、

JCB限定 ANA QUICPay + nanaco

ANAコレクターや航空ファンの方は必須!のアイテム登場。

と、おれが思ってるだけかも知れないけど。

 

ソラチカで家族会員カードを発行していない私は、生計を共にする家族(簡単にいうとかみさん)のためにこのキーホルダーみたいなのはどうかな、とすぐ思った。

f:id:LooGoGo:20170414234554j:plain

 

オレが毎度 iPhoneやらガラケーでskipサービスなどを使ってさくっと手荷物検査などを通過しているのに彼女はいつも印刷した紙だ。 

一緒に航空券をとっているので、アプリが個別発行に対応していない場合、彼女がそういったデバイスを持っていないとオレまで紙になる。

まー別にいいんだけどさ。現物主義も。

 

海外で事前チェックインを済ますのにいちいちホテルのフロントに行ってプリンター借りて印刷ってのも面倒だろう。

今や、乗る航空会社のアプリがあれば搭乗券がバーコード表示されるのが普通である。

 

彼女は紆余曲折あって今は安いガラケーiPad Airを使っているが、オレがスマホにしたらiPad Air イラネーだろうから売る、と言ってるのでなぜかそれを恐れ、スマホにするとは言わないのだ。

まーそれでもいいんだけど、何となくね、年取ったご夫婦なんかがイミグレや海外でのトランジットで突然*1「搭乗券」っていわれた時、ポケットをガサゴソまさぐって

「あんたが持ってるでしょ」とか

「あれ?どこ行った??」なんてやってるのを見ると、覚えるのが面倒でもテクノロジーを身につけなくちゃなあ、なんて思ったりするわけ。

って、カンケーネー話をしてしまった!

 

とにかくだな、このキーホルダーはいいんじゃないかなって話! 

本人じゃないとWebでは手続きができず、申込書が必要になるようけど(よく読んでない)生計を共にする家族なら発行できるみたいだ。

 

予想と憶測で書いてるけど、オレの記事なんてこんなもんだ。

以上、本日の講義はここまで!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

 

*1:これがあらかじめ分かってると、パスポートやら旅行会社の案内書まで手に握りしめているんだけど

2度目のSFC修行、で国内は終わり? 沖縄前編

本人は既にいっぱしのマイラーのつもりである。それなりに海外旅行もしてきたし。

しかし去年の夏にマイルの価値に目覚める前はテンでバラバラの、LCCを含む安い運賃を探して旅行に行っていた。そしてそれが得だと固く信じて疑わなかった・・。*1

それがドーよ。

 

今じゃ穴、もとい、ANAに取り込まれてしまってSFC修行しているオレがいる。もちろんスーパーなフライヤーズになりたくて始めたコトだ、たとえ GOZEN を一日3回食おうとも後悔はしないつもりだ!

いやむしろ全部食う!

これが修行というものなのだ。

そうなのか?

羽田〜千歳〜那覇 一泊、翌日羽田に戻る。

と、ここまでははてなの下書きをしておいた。旅行前の予定を公開しようと思っていたのだ、が!

もう昨日帰ってきてしまった。ハハハ

 ・・いつもの事だ、この面倒な事は先送りする性格。そう、ブログはチョーめんどい。 あーめんどうだー っと。

ぼやきはこのくらいにして旅行記を書こう。

いつか笑える日が来るさ。byクリスタルキング

 

 まずは出発段階。羽田の駐車場

朝5時45分、自宅を車で出発して羽田空港まで首都高使って45分だった。実は羽田から飛行機乗るために自動車で行くのは初めて。 

羽田の駐車場は認知されてくるにつれて車が集中し満車の事があり、入れない車がウオーサオーして道を塞いだり、飛行機に乗り遅れたりする事例が頻発しているそうだ。

オレは空港周辺整備されてからも2-3回は送迎に行った事あるし、駐車場も使った事があるけど、もし初めて行く目的の駐車場に一回でドンピシャ入れたら尊敬するね。そしてナントカ着いたと思ったら満車だったらアセるね! 

時間に余裕がありまくってればいいけど、ちょっとそんなリスクは犯せない。そんなあなたに予約も可能だ。予約金1000円も取りやがるけど。

 

 羽田にはP1〜P4までの4棟の立体駐車場があるんだけど、わざわざ2つの運営団体を作り利用者に不便でわかりづらくしておいて、それぞれ均等に利権を分け合ってる。

P1とP4、P2とP3、それぞれJAL側、ANA側に各1棟ずつ。

 

同じ事やってるのにホームページも別、予約状況も別なので一覧できないけど*2料金体系は一緒で、どうせ談合してるだろうから競争原理は働かない。

いちいち見比べなくてはいけない不便さなんてこれっぽちも考えていない天下りしたスクラップどもが、がんばって考えた集金システムだ。

 

f:id:LooGoGo:20170315232617g:plain

 

今回はANA側のP3が工事中なので混雑が予想された。

1ヶ月前から予約できるので、その頃サイトを見たところ案の定ANA側のもう一つ、P4は満車だったのでJALP2を予約。 多少遠くなるが仕方が無い。

当日は無料ターミナル巡回バスを利用して、待ち時間を含め約15分ぐらいのロスだった。(10分程度で歩く事もできるが荷物がある場合バスが楽と思う)

 

f:id:LooGoGo:20170313064426j:plain

俺はひとり、札幌へ

今回はかみさんがちょっと仕事に煮詰まっている様子だったので、沖縄で一泊するプチ旅行案を提案したところ、自分も一旦ANAのエコノミーで福岡に行き、空港近くの温泉に入ったあと、余っているユナイテッド航空のマイルを使用し特典航空券で福岡から沖縄に飛ぶ、という技を瞬く間に繰り出して来た。

 

この技は経済的な配慮をしつつ自分も昼から温泉を楽しみ、さらに修行帰りの私と2時間差で那覇で合流して一緒に沖縄料理と共にオリオンビールを堪能するという、高度な複合技だ。 さすが元旅行雑誌編集者。

 

f:id:LooGoGo:20170313143715j:plain

 今回の旅行は家庭が円満・国内一泊沖縄旅行と名付けよう。ベタすぎる?w

でも修行も連れが来ると思えば意外と一泊でも充実したものになるんだなあ。

 

さて、威張って3Kの席に陣取ってる俺を乗せたANA053便は、搭乗口の変更を経て58番ゲートからほぼ定刻8:00にプッシュバック。

HND - CTS株主優待割引を使ったプレミアムシートである。

なので朝っぱらから、初めてスパークリングワインをもらって飲んでみる。

・・ふつうだ。

 

 そしてゴハンは大きなスープ付きのGOZENだ。 ポタージュスープ飲んで・・・スパークリング飲む。 

まずいっ! 

 

スープとは合わない事が判明(あたりめーだろ)したので、何やらこまごまとおいしいおかずをつまみながら泡ワインを飲んだ。

あっという間に飲み干すとすかさず

「もう一本如何ですか」

と聞いてくれるやさしいCAさんから遠慮なく戴いて翼の王国*3をふんふん読んでいると既に着陸態勢。

 

隣席のオヤジさんは機嫌が悪いのかそういう人なのか、上着も脱がず靴も履いたまま、メシもさっと食べてずっと足と腕を組んでいる。

別にいいんだけど両手両足を組んで体をよじっていると、痩せてらっしゃる事もあり、ヒネリ雑巾みたいだ

うはははは!

エコノミー席でもよろしかったのではないか、などと余計な事を考える。

 

無事千歳に着陸して九死に一生を得たオレは、那覇行きまで約50分の時間がある。乗り換えドアの前に立っているANAのねーさんに一度は乗換えと告げたが、やっぱり一度出てみる事にした。

ゴメン、ねえさん。

 

ゲートを出てそのまま真っ直ぐ歩くと外に出た。寒い。雪も残ってる。

せっかくだから北海道の寒さを全身に感じながら屋外の喫煙エリアで一服して・・。 さみー。

千歳空港到着階 喫煙エリア近く

 

やる事ないのでまた手荷物検査を受けて中に入った。ANAのラウンジもあったけど、またどうせ食事も出るし別にいーやと素通り。

SFC修行僧にあるまじき行為である。

 

那覇行きANA1693便 10番搭乗口、せっかくだから1K席なのに優先搭乗 笑

CTS - OKA定刻10時40分から5分ぐらい遅れて?プッシュバック。ここから羽田〜台湾とほぼ同じの約4時間という長時間フライトが始まる。

 

旅割28でのプレミアムクラスなのでまたGOZENだっ!

でもなんと羽田発とは中身が違う。スバラシイ。 学習したので今度は先にみそ汁を飲み干し、混ぜごはんと別体になったおかず(?)膳をぱくぱく食べる。

うまい。鮭が。 ホントマジ鮭が美味い。

 

今度は白ワインをもらう。既にいい気分なのにまた あっという間に飲み干すとすかさず「もう一本如何ですか」に加え、「今度は赤にしますか?」と、気の利いた事を言ってくれるやさしいCAさんに反抗してvin blanc(フランス語)を戴く。

ゴメン、ねえさん。 混ぜごはんも残してしまって。

 

暫くするとモーいい気分になって寝てしまうオレであった。

14:35 沖縄 那覇空港に到着

めんどくさがる割に書き始めると長くなる。

どーなってんの? てことで 以下次号!!

 

にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ

*1:確かにエコノミーを使ってる分にはそれがいちばんお金を使わないのは間違いない

*2:ここに登録すれば現在の空き状況は分かる。iPosNetリアルタイム駐車場情報  無料なのになぜ要登録として不便にしているのかは不明

*3:言わずと知れたANAの機内誌。国内版と海外版がある。実はこれ大好きで、読むのが楽しみ

2016秋のヨーロッパ旅行 3 地中海クルーズ

3泊なんてあっという間で、巨大客船でのクルーズへなだれ込む

バルセロナのホテルをチェックアウトしてタクシーで埠頭まで行くと、船はドーンと入っているし、「旅に出る」感が高まって来てわくわくする。

荷物を預けて手続きして乗船だ! が、乗ったはいいけどまだ部屋には入れない。うろうろしてるといつの間にか動き出している。

こういう巨大船になるとボーとかピーとか、そういった合図もなく唐突に出港するらしい。

 

今年は去年に比べて肌寒いが外人達はもうプールに入るわ酒飲みまくるわでデッキは大騒ぎだ。俺たちも負けずにビールをがぶ飲みする。

 

ステイルームは最上階の最上階のスイートから最下層の内側の部屋までおよそ12段階ぐらいに分かれている。まー、部屋なんか寝るだけだ!って人は内側の部屋でもイイかもしれない。

海側でも円い窓があるだけとか、バルコニー無しとかいくつかバリュエーションがあり、値段も随分違う。

 

で、俺たちの部屋はバルコニーステートといって、海側バルコニー付き

バルコニーはマストです、マスト!内側の部屋になるぐらいなら乗らないよ、オレは。

クラスでいうと、上から6〜7番目ぐらいの広さだが・・・充分すぎる!

 

初日は航海のみだがいつでも食事と酒は飲めるし、デッキではエアロビやってるし、カジノのもあるから退屈しない。

もちろんWi-Fiもあるから部屋でネットもできるし、バルコニーで風に吹かれながら本読んだりしててもいいわけだ。

 

ここで突然今回のクルーズスケジュールを紹介する

西地中海クルーズ

バルセロナ発着

ノルウェージャン エピック 7泊

月 終日航海 

火 ナポリ/ ポンペイ(イタリア)
水 チビタベッキア/ ローマ(イタリア)
木 リボルノ/ フィレンツェ/ ピサ(イタリア)
金 カンヌ(おフランス
土 マルセイユ/ プロヴァンス(フランス)
日 バルセロナ(スペイン)

 

火曜。ナポリでは船を下りて門をくぐってすぐにある旅行会社に行ってポンペイ往復バスの手配をした。自力で行くより楽。

f:id:LooGoGo:20161011225159j:plain

デーハーなポンペイ行きバス

 

ポンペイの遺跡はひとつの街丸ごと壊滅したのでかなり広く足元は石畳なので運動靴必須。去年は雨だったのでナポリには降りなかったので行ってないのだ。

帰ってきて出港まで時間があったのでノーボ城も見に行った。(外側だけ)

f:id:LooGoGo:20161011182742j:plain

 

次!去年はチビタベッキアで下船し、ワケも分からずローマに直行したので観光はしなかった。何か殺風景な街だなと思っていたのだが、全然違った。

 

チビタベッキアとかいう、ローカルな港ででっかいフネを降りる。 混乱の中、荷物を自分の見つけ出しそこらに並んでいるバスに行き先を聞いてラゲッジに荷物を詰め込む。誰も手伝ってはくれない、係員もいない。自分でスペースを作って押し

クラウンプラザホテル:イタリア-ローマ - 重力に逆らってる場合か?!

f:id:LooGoGo:20161012220955j:plain

なかなか風情のある街並みが続くきれいな所で、よく晴れたので海岸線を散歩。

 

f:id:LooGoGo:20161012160552j:plain

とんでもなくでかいモヒート飲んだ

 

リボルノ 小雨で肌寒い。午後までちんたら船で過ごしていて、上陸しなくていいかな・・とか思ったけど、ちょっくら無料シャトルバスに乗って街まで行くこととなった。

街は石づくりのアーケードがあったり、ちいさな彫刻やら大げさな噴水が交通の邪魔をしていたりして、良くも悪くもイタリアだ。

 

日本ではさっさと撤去されそうな建造物や店が独特の風情を醸しているのだ。

ここではちょっとカッコいいカフェで本場イカのパスタなんぞ食って、イタリアンな服を買った。

ついワインを飲み過ぎてしまう

カンヌは海が荒れており、上陸不可だった。毎日朝から飛び出してOPツアーで夕方までびっしり観光なんてオレには無理! 休みの日があっていい。

つーか、俺たちの出発はいつも午後だけどね。夜型はどこに行っても夜型か。このところカジノにハマって(?)酒飲みながら何時間も粘る。

 

f:id:LooGoGo:20161012152351j:plain

船内喫煙所のひとつ。ホントはバルコニーも禁煙だ。 ホントは、ってなんだよ笑

 

翌日はマルセイユプロヴァンス地方 晴れて少し暑い。

やはりヨーロッパの金持ちはスケールが違う。植民地から惜しみなく奪い続けた富で金持ちになったサイテー野郎共のヨットやクルーザーがびっしりだ。

f:id:LooGoGo:20161015134848j:plain

 

世代を超えて搾取し続ければ成金じゃなくて上流階級かよ。クズヤローの末裔が笑わせてくれるぜ、なんて事を考えながらオープンタイプのレストランでメシを食う。

f:id:LooGoGo:20161015201351j:plain

フランスなのにピザw

 

なんとか城を歩き回って夕方になるとバス待ちのスゲー列!この船2-3000人いるからなあ。バスが少ないんだよって感じで、今日は終わり。

f:id:LooGoGo:20161015210321j:plain

小熊に襲われてビビって円盤投げ! みたいな像

 

あっという間の1週間。

今回はこのあと、コルドバに行くのでバルセロナに舞い戻る。

 私が思うに、2週間の旅程でも5日ぐらいのクルーズは組み込むべきだね。全食事付き、7泊8日で寝たり遊んだりしている間にあちこちの国に連れて行ってくれて11万円ぐらいなんだから絶対安い! 

 

何故安いと言えるか? 

ホテルだって二人なら1泊1万以上はするだろうし、交通費や食事代もかかる。移動するにしても荷作りとか手配とか、そんな事から解放され遊んで帰ってきたら好きな食事して自分の部屋でゴロゴロできるなんていいと思いませんか?

 

f:id:LooGoGo:20161012145617j:plain

 

パンフレットは日本語版がベストワンクルーズという旅行会社のページにある。

(日本から予約できるのだ)

https://www.best1cruise.com/user_data/charms/546/other_images/ncl_2015-2016.pdf

 

クルーズを検討している人に

同じようなカジュアルっぽい大型客船を運行しているのにはコスタとかMSCなどがある。去年、MSCのディビーナでマルタ島コルシカ島などを6泊でクルーズしたんだけど・・。

ギリシャ コルフ島 MSCクルーズ寄港地 - 重力に逆らってる場合か?!

 

ちょっと思った事がある。

行く先々は良かったのだが、スタッフというかMSCの雰囲気は白人至上主義に他ならない。

例えばレストランでの食事。アジア人なんてまとめて同じテーブルに突っ込んどけばいいだろ って言うのがありありと感じられる。それだけなら配慮と言えるかも知れないが、ワインのオーダーも取りに来ないし、食事の時間も希望も聞かず、毎日同じメンバーでまとめて早い時間だ。

人によっては何も感じないと思うが、海外滞在が長い人なら確実に人種差別を感じるだろう。

ポンペイ

 

ちなみに私達は2回に分かれている夕食の時間を遅くしてもらい、日本人おまとめテーブルから個別の席に変更してもらった。 (その隣は中国人、その向こうは朝鮮人グループというアジアコーナーは、調理場に近く騒がしく、窓際席は全て白人だ

 

不便に疑問も持たず、何も言わずに甘んじていては不満が残る。楽しい旅は自分で作るものだ。

ノルウェージャンはその点に於いて問題はなかった。コスタのクルーズに乗った人もそんな事は無かったようだ。(ちなみにメシもNORWEGIANの方が旨い。)

それから余計なお世話だが、高級なクルーズはバリバリ英語できる人じゃないと十分に楽しめないと思う。裕福層向けに素晴らしいサービスはあるのだが、要望を全て伝え、使いこなせなければ窮屈な旅になってしまうだろう。

 

 とまあ、簡単だけどこんな感じ。

落書きだらけのポンペイローカル線列車 そのまま運行してるし

 

部屋の紹介や、実際の手続やアクセスなどはもう少しページビューが増えたら書こうかなあ・・

リクエストがあれば(ないけどw)内容を充実させて行こーと思う。

 

次はアンダルシアだ

 

にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ
にほんブログ村

ゼロからわかる 豪華客船で行くクルーズの旅

ゼロからわかる 豪華客船で行くクルーズの旅

 

 

2016秋のヨーロッパ旅行 2 ドーハ〜バルセロナ

やっと旅行記の である。3週間の旅行なので端折るのも簡単じゃない。 3 記事で終わると思ったが無理そうだ。面倒だけどアンダルシアのコルドバを記しておきたいので4までがんばる。

 

まずはドーハ(DOH)までいく。

行きは成田から出発するQR807便。

カタール航空 (QR) #807 ✈ FlightAware

 

B777-200は787と違いGPS (HOLUX GPSロガー M-241) が動作するので早速ログを取り始める。

担当のCAのねえさんはカタール航空ビジネスクラスは好きな時間に食事がとれると言ってる。

コースは2-3種類あるけれどどんな組合せも、「デザートを両方」なんて追加も可能のようだ。 お酒もいつでも好きなときにたぶんあるだけ? 飲める。

 

ワインリストがなんだかスゴい。何でこんな力入れてんだろうか。

8種類以上あるよ、これは。

f:id:LooGoGo:20161022175055j:plain  f:id:LooGoGo:20161022175117j:plain

 

離陸後はまず白、そして赤を2種類もらって、ゆっくり食事してフルフラットにして寝そべる。

パジャマ(スエット?)をもらい、下だけ替えるだけで随分リラックスできる。まどろみながら映画見て・・最新のビジネスクラスってなんてステキなんだ!

 

youtu.be

そしてドーハ。

バルセロナ行きの飛行機までは約3時間。テキトーに免税店をひやかしてからまずは一服。空港内はおおざっぱに3方向のコンコースに分かれている。喫煙所はA,B,CDE 各コンコースに1ヵ所ぐらいあり(全部はもちろん見れなかった)、結構込んでいてイスもないし狭い。

たいてい空港の喫煙所という所はヒドイ所なのだが、ドーハは掃除が行き届いているだけマシだ。ラウンジが使えれば当然ラウンジ内の喫煙所の方がイスもテーブルもあって良い。

f:id:LooGoGo:20161023033443j:plain

ハマド空港ビジネスラウンジ喫煙所

 

帰りのほうがトランジットの滞在時間が長くなるので、ビジネスラウンジ(アル・ムルジャン)を偵察しにいく。ゆっくりできる場所を下見しておかねば。

でもラウンジと言うには広すぎる!羽田や成田のJALラウンジなどの3倍以上の広さはあろうか。1Fにも2Fにもダイニングがあり、ドリンクバーが点在している。奥の方に行くと半個室状態のファミリールームやシャワールーム、キッズルーム、静かな環境のクワイエットルームなんてのもあるのだ。

 

これは逆に落ち着かない 笑

我々が到着した時間は明け方だからイスもソファーも無数にあるのだが休んでいる人は少ない。

f:id:LooGoGo:20161006042742j:plain

 

復路の長い待ち時間のトランジットでもある程度休む場所の目星は付いた。ハマド空港にはラウンジは最低3ヵ所はあるのも確認した。

そしてそのうちひとつはカタール航空のチケットがあればたぶんゴールドカード等で入場できるようなので、エコノミーで来ても休めるのではないだろうか。

 

さて、そろそろバルセロナ行き

ゲートは44番、搭乗直後にはまたジョルジオ・アルマーニのアメニティーもらい高いシャンパンをいただく。 DOH - BCN QR145便の機材はエアバス330-300

カタール航空 (QR) #145 ✈ FlightAware

 

朝っぱらから酒飲んで豪華な食事もする。ビンボー根性だと思わないで欲しい、おもったより腹減るんだなあ、これが。

f:id:LooGoGo:20161006071136j:plain

 

懸念のシートはフルフラットだった! チョーラッキー

 

・・・現在はリクライニング165°のほぼフルフラット機も混在しているようだ。 バルセロナ線はA330-200 V1機でそれほど乗客が見込めない線なのか、あまり期待できそうにない。

秋のヨーロッパ-バルセロナ旅行予定 2 - 重力に逆らってる場合か?!

先ほどの777は画面も巨大でどーんと広いイメージ、だが返って手持ちぶさたというか、足元が広すぎてだらしなくなる。寝るには最高で、シート幅も広く普通に寝返りが打てるけど。

 

こちらのA330のシートは機能的で収納スペースや小テーブルなどがほどよい感じで足元のスペースも先細り(前のシート下斜めにに足を突っ込む)だ。

猫が段ボール箱に入って喜ぶようなフィット感があって良い。 広さと自由度を採れば明らかに777-300、かみさんは777派である。

 

f:id:LooGoGo:20161006124646j:plain

こんなディスプレイも

 

f:id:LooGoGo:20161006084538j:plain

サウジ上空? 謎のミステリーサークル群

 

バルセロナ BCN 到着

そこそこ長い旅ではあったが、全く疲れていない。満足感だけが残る。

世界上位のビジネスクラスの威力を思い知った。この往路の金額は125,000円・・、どう見るか。オレは安いと思う。ANA-JALに限らず普通は往復50万は下らない。

機会があればまた乗るだろう。 往復25万なら、だけど。

 

去年のバルセロナ到着日、ホテルの予約を1年間違えていてエライ事になったが、それで知ったロケーションサイコーのホテル、ランブラスに直行する。

 

日本から予約していたホテルに夜中に到着するも、なななんと 日付を1年間違えて、来年予約していたことが判明! うははは! 何という失態! ・・・しかし笑い事ではない。

バルセロナ到着 ホテルで大ハプニング - 重力に逆らってる場合か?!

 

大したホテルではない。3つ星の石と煉瓦でできた普通のホテルだ。それほど安くもないし掃除も結構いい加減である。

 

でも広くて見晴らしのいいバルコニーとややうらぶれたな雰囲気、そして何するにも便利な立地。4つ星、5つ星にはない良さもある。

 

youtu.b

今年はここに3泊し、去年と同じく地中海クルーズとなる。

翌日からテキトーに散策して旨いもんを食い歩く。

f:id:LooGoGo:20161008150237j:plain

ピカソ美術館近くのカフェ

 

ランブラス通りを海と反対方向に歩くとカタルーニャ広場があり、そこから2階建ての観光用ルートバスがでている。ツーリストバスと言ってオープンエアなので2階に上れば眺めは最高だ〜。

目玉のマークのバスと赤いバス、行って見りゃ分かるがどちらも似たようなルートを走っているのでどっちでもいいだろう。(特に行きたいところがあるなら吟味してもいいけど)

 

f:id:LooGoGo:20151008202753j:plain

Barcelona Official Bus Tour | Barcelona City Tour

 

チケットはそこらへんに立ってる兄ちゃんに声をかけてもいいし、小さな小屋があるので、そこで買ってもいい。乗り込むと席にイヤホンを差して日本語の案内を聞ける。

 

時差ボケが残っているのを利用して朝早く起きてガラにもなくジョギングにも行き、朝の港周辺を走り回ったり歩いたりした。 

スゲー健康!

 

f:id:LooGoGo:20161008175325j:plain

 ホテルのバルコニー

 

もう少し書こうかと思ったがまだ着いたばっかりだ。これからクルーズ船に乗るのでこの辺にしておこう。

クルーズは1週間。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ
にほんブログ村