読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

重力に逆らってる場合か?!

働き盛りが会社を売り払って遊んでる様子を。(重力ってのは幻想らしいですよ)

秋のヨーロッパ-バルセロナ旅行予定 2

前回はKLMのプレミアムエコノミーから、カタール航空(Qatar Airways)のビジネスクラスにグレードを上げる計画を書いた。


そしてトランジットの続きだが・・・実際まだ予約していないw
現時点では妄想ともいう
そこらへんを勘案して読んで頂きたい。

      • -

往路は何の問題もなかったが、復路の6時間待ちはどうか。
少し長いと感じるかも知れないけど、ドーハのハマド空港は2014年オープンで新しく、そしてかなりデカいらしい。

中東の豪華巨大空港!ドーハの「ハマド国際空港」がすごい!


おそらくあちこち見物してからシャワーを浴び、ワインやビールを飲みながらネットで遊び、ちょっと仮眠すれば退屈はないでしょう。


ところで格安航空券を探していると、帰り便に以下のようなケースもある。

QR138便 バルセロナ 10:15 発 ドーハ 17:40 着
QR812便 ドーハ 07:05 発 羽田 22:45 着

この場合トランジットはなんと約13時間半


いやいや、さらにその上をゆく23時間55分トランジットもあり得るのだ。

QR142便 バルセロナ 23:45 発 ドーハ 7:10 着
QR812便 ドーハ 07:05 発 羽田 22:45 着


う~ん、タマラン。
あと5分で24時間、と言うところがステキすぎる。


しか~し、心配無用。問答無用。

カタール航空はお金持ちの国の航空会社、空港内にトランジットホテルがあり、しかも
トランジットの条件によっては無料で宿泊できるらしい。

カタール航空では、ドーハ国際空港の乗り継ぎ時間が長い場合、お待ちの間に滞在いただけるホテルをご提供させていただきます。


な、なんだと~

ありえない大サービス・・・それもどこかの東欧の暗く殺風景なホテルと違い、*1
新しくスバラシイ設備とサービスを備えたホテルなのだ。


ハマド国際空港(HIA)のザ・エアポートホテルへようこそ


いくつかの条件が必要なようだが、問題になりそうなのは

8時間以内に乗継便が存在する都市は対象になりません。


これだ。
だが、QR142便 ドーハ 07:10 着の場合、QR806便 02:25発 成田(NRT) を利用することで「8時間以上のトランジット待ち」、かつ「日本への乗り継ぎ便が存在しない」、という状況になるので
晴れて!うらやましいことに! 無料でトランジットホテル滞在とお食事にありつけるだろう。*2

しかし自分が乗るわけではないので未確認である。
誰か確かめて頂きたい。
先は長いが来年(2017年)もこのオイルダラー大盤振舞制度が存続しているならば
是が非でも身をもって確かめてみるつもり。

さて、ここで本日のメインイベント(?)当該機のシートマップである。


行き 成田ードーハ B777-200LR ビジネス42席 180°フルフラット


そして7/12現在空いているシート


カタール航空の当該機は前方と中間地点にギャレーがあるようだ。

ここではA4 又は K3-K4 をチョイスすべきだろう。
窓側を取らずして乗りものに乗る意味があろうか?
当該機のフルフラットシートはシェル型なので前席にばーんと倒されて邪魔ということはない。


B3 が既に予約済みならA3 に予約が入る確率は低い。2人組みでペラペラ喋られるとうるさくてかなわん。
となるとA4 がベターのようだがマップを見るとA4 K4 は窓が真横に無い、または遠いBad Seatとなっている。


#A4シート

ここは後方コンパートメントのA6,A7 を選ぶべきだろうか。
もしかしたら主翼のスリット稼働も見えるかも知れない。


#A7シート(窓が閉まっているが真横にもある)


右翼側 #K7シート

ここは7番シートでよかろう。


次はエアバスA330-200機だが。


新しいA330機、A320機のビジネスクラス*


この "~クラス*" の横の※印は何? 画面のゴミ?
・・・実はフルフラットシートに改装中であるが全てがそうなったわけではないらしい。現在はリクライニング165°のほぼフルフラット機も混在しているようだ。
バルセロナ線はA330-200 V1機でそれほど乗客が見込めない線なのか、あまり期待できそうにない。


f:id:LooGoGo:20160717185710j:plain


シートピッチは152センチ、幅は51センチ。
成田線の777-300LRに比べ、シートピッチは30センチ、幅は約5センチも狭くなっている。
ちょっと前のビジネスクラス然としたシート。

A320はもうさんざん乗ったのでA330-200に乗れるだけ良しとしよう。
ちなみにエコノミーも777-300LRに比べてピッチ、幅共に1インチ(2.54センチ)づつ狭くなっている。


そしてラストは期待の787-8型機
ANAがローンチカスタマーである787はボーイング最新鋭の機材。

数々の複合素材、天井も高く、電子制御のカーテン、高度な気圧コントロール
何よりも従来機に比べ、窓が大きくなったらしい。

なんと窓が!
マドマド・・ハアハア。


シートマップはこちら


又長くなった! 以下次号(いつもの悪いクセが・・・)

 


*1:ロシアのモスクワで泊まったトランジットホテルはまだ鉄のカーテンの向こう側と言った雰囲気で、空港に戻れるのか心配だったぐらい

*2:東京にいると混同してしまうが、考えてみれば成田と羽田は都市が違うので、小細工せずともそのままOKかも知れない