重力に逆らってる場合か?!

働き盛りが会社を売り払って遊んでる様子を。(重力ってのは幻想らしいですよ)

セミリタイヤを目指すってのは

リタイヤ

自動車やバイクのレースで続行不能になってリタイヤ、ってのが一般的に目にする言葉じゃないかな。直線的に何かゴール目指して突っ走ってるんだけど、途中でギブアップした時。

本来、無念さを内包した不本意なものなんだろう。

人生にもリタイヤがあるようだけど、「もう掃除できない!」って言うのも何だろうから専業主婦には使わない。

仕事を持っている人が定年や病気で、まだ続けたいんだけど強制的に会社から排除されて継続不可能な状態。これがリタイヤした人になるのか。

 

じゃあ、セミって何だよ。

f:id:LooGoGo:20170731043844j:plain

 

セミリタイヤって言うと、仕事から(会社から?)解放された、なんだか余裕がある自由人って感じで使ってる事が多いように思う。

セミがつくと、どうも不本意ではなくて自ら進んでなるようだ。

しかし会社辞めて意気込んで始めた自営業で、サッパリ儲からずヒマだから散歩ばかりしているってのは、セミリタイヤとは言わない気がするし、あんまり稼がなくても蓄財がある人の事だろうか。 

たまたま実家に余裕があってテキトーにバイトしたりして、ニートじゃないけどがしがし働いていない状態を言ってるのかも知れない。

 

セミリタイヤとドロップアウト

失業は不本意ながら、不動産や株などの不労所得などで適当な収入があり10万〜20万ぐらい稼ぎ出す「セミリタイヤ状態」。これなら話はわかる。自らなったのは単なるドロップアウトって言うんじゃないかな。

 ピーピーで節約を重ねるセミリタイヤってのはカッコ悪い。 ファミレスで粘るセミリタイヤ。

 アパート暮らしで彼女もいなくてセミリタイヤかあ。苦労する事が分かってて寄ってくる女もいないだろうし。ドロップしたなら・・「まあ、当然」といった感じで、納得感がある。

 

30代でセミリタイヤを目指す!って人もいるね。何か、方向がちょっとアレかな?  目指さなくてもいいと思うけど。

30代で結婚していて住む家もあって、不労所得があるから金は月20万稼げば余裕。って感じなのかな。

でもそれは裕福層という。

 

と、まあセミリタイヤの定義は置いといても、多分本人が思ってるほどいいイメージはないから人には言わない方がいいと思う。

世代が違うと受け取るイメージも違うからまあ一概には言えないだろうけど、初対面で「セミリタイヤしてます。」なんて30-40歳ぐらいの人から聞いたら、おれはその人とは表面的な繋がりで充分だと判断するかも。何かが移りそうで・・

 

f:id:LooGoGo:20170806015101j:plain

その日グラシ

 

好きな時に働いて20万稼ぎ出すんならリタイヤしてない時は最低40万から50万ぐらい月給もらってたんだろう。まさか30万とかしょぼい事言ってんじゃねーぞ  w

でもそんなに貰ってたならあと10年ぐらいは働いた方がいいでしょう。(そんな人はセミリタイヤなんて考えてもいないだろうけど)

月30万でもたった10年で3600万。この人件費が高い日本で・・辞めたらアホーだ。

世界の中でも裕福な日本に生まれ、大多数の国より「稼ぐことができる」環境にいられる。それだけでも結構ラッキーじゃないかと思う。

例えば中〜南米、アフリカ、中東〜アジア諸国、ものすごい数の人がいる中でスタートから恵まれているのに・・。

 

余裕ある生活に憧れるのはわかる。働かなければ時間的な余裕はできるが、先進国では失うものが大き過ぎる気がする。

(海外に出ればいいよ)

f:id:LooGoGo:20170806023021g:plain

 

30〜40歳中盤までが知識も経験も付いて、アタマも体もまだ動く一番の稼ぎ時なんで、ここでさぼるとかなりの確率であとに響く。人は変わるし環境も変わる。

50を過ぎると余裕ぶっこいてる人と、贅沢できないが何とか生活してるって人と、ああ、こりゃもうやばいなって人達と、結構露骨に分かれてしまう。

 

何とか、上の下ぐらいには持っていきたいものである。

どうすりゃいいのよ〜

 

頭で考えても2〜30代は、やっぱりたかが知れてる。セミだとかバッタだとか言ってる場合じゃない。50代でもがいているみっともなさ*1を思えば20-30代はもがき、進むしかないと思う。

若い頃から人生に失望してて殆ど社会に出ていない状態からでも30代前半に復帰すればまだチャンスはある。ドロップアウトからの復帰は何とか35歳ぐらいまでかな。

 

もちろん既に厳しいけど、運がいいと奥さんが起業したり、逆玉したり、細々やっていた家業が突然舞い上がって大儲けなんて事もあって面白い。居酒屋を転々としていたろくに料理もできないコックが、結婚したとたんロケットみたいに上昇しちゃうのも見た。

スゲーよな

f:id:LooGoGo:20170806031426g:plain

エラそーに書いてるオレは20代終わりまで職を転々として、バイトを含めた転職は30社は絶対下らない。無断欠勤・遅刻でクビになったり同棲相手に食わせてもらったり、友達のうちに居候するような、ドーしょーもないやつだった。

 

家出人で学もないし当然金もない、保証人もいない。こんな社会性のかけらもない人間(  中 略  )経済的には今完全リタイヤしてもOKだ。オレにできるなら誰にでもできる。 病気になって死にそうになるまで(お勧めはしません)もがいたから人並みになれたんだと思う。 

 

チャンスはけっこう転がってる。

実社会と繋がってさえいればチャンスに出会う機会はある。幸いにもタイヤと違っていくら走っても自分は減らない。徒労を惜しまない方がいい。

裕福でも貧乏でも人生はけっこう長い。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

↓過去記事

派遣ムラ ・・アホらしさ - 重力に逆らってる場合か?!

 

年利20%の不労所得でセミリタイヤ生活を手に入れる方法

年利20%の不労所得でセミリタイヤ生活を手に入れる方法

 

 

*1:こうは書いたが、オレは全然否定しない。みっともなさ上等じゃねえかと思ってるよ