読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

重力に逆らってる場合か?!

働き盛りが会社を売り払って遊んでる様子を。(重力ってのは幻想らしいですよ)

2016秋のヨーロッパ旅行 3 地中海クルーズ

外遊記

3泊なんてあっという間で、巨大客船でのクルーズへなだれ込む

バルセロナのホテルをチェックアウトしてタクシーで埠頭まで行くと船はドーンと入っ

ているし、「旅に出る」感が高まって来てわくわくする。

荷物を預けて手続きして乗船だ! が、乗ったはいいけどまだ部屋には入れない。うろうろしてるといつの間にか動き出している。

こういう巨大船になるとボーとかピーとか、そういった合図もなく唐突に出港するらしい。

 

今年は去年に比べて肌寒いが外人達はもうプールに入るわ酒飲みまくるわでデッキは大騒ぎだ。俺たちも負けずにビールをがぶ飲みする。

ステイルームは最上階の最上階のスイートから最下層の内側の部屋までおよそ12段階ぐらいに分かれている。

まー、部屋なんか寝るだけだ! って人は内側の部屋でもイイかもしれない。海側でも円い窓があるだけとか、バルコニー無しとかいくつかバリュエーションがあり、値段も随分違う。

 

で、俺たちの部屋はバルコニーステートといって、海側バルコニー付き

バルコニーはマストです、マスト!内側の部屋になるぐらいなら乗らないよ、オレは。

クラスでいうと、上から6〜7番目ぐらいの広さだが・・・充分すぎる!

 

youtu.be

初日は航海のみだがいつでも食事と酒は飲めるし、デッキではエアロビやってるし、カジノのもあるから退屈しない。もちろんWi-Fiもあるから部屋でネットもできるし、バルコニーで風に吹かれながら本読んだりしててもいいわけだ。

 

ここで突然今回のクルーズスケジュールを紹介する

西地中海クルーズ

バルセロナ発着

ノルウェージャン エピック 7泊

月 終日航海 

ナポリ/ポンペイ(イタリア)
水 チビタベッキア/ローマ(イタリア)
リボルノ/フィレンツェ/ピサ(イタリア)
金 カンヌ(フランス)
マルセイユ/プロヴァンス(フランス)
バルセロナ(スペイン)

 

ナポリでは船を下りて門をくぐってすぐにある旅行会社に行ってポンペイ往復バスの手配をした。自力で行くより楽。

f:id:LooGoGo:20161011225159j:plain

デーハーなポンペイ行きバス

 

ポンペイの遺跡はひとつの街丸ごと壊滅したのでかなり広く足元は石畳なので運動靴必須。去年は雨だったのでナポリには降りなかったので行ってないのだ。

帰ってきて出港まで時間があったのでノーボ城も見に行った。(外側だけ)

f:id:LooGoGo:20161011182742j:plain

 

次!去年はチビタベッキアで下船し、ワケも分からずローマに直行したので観光はしなかった。何か殺風景な街だなと思っていたのだが、全然違った。

 

チビタベッキアとかいう、ローカルな港ででっかいフネを降りる。 混乱の中、荷物を自分の見つけ出しそこらに並んでいるバスに行き先を聞いてラゲッジに荷物を詰め込む。誰も手伝ってはくれない、係員もいない。自分でスペースを作って押し

クラウンプラザホテル:イタリア-ローマ - 重力に逆らってる場合か?!

f:id:LooGoGo:20161012220955j:plain

なかなか風情のある街並みが続くきれいな所で、よく晴れたので海岸線を散歩。

 

f:id:LooGoGo:20161012160552j:plain

とんでもなくでかいモヒート飲んだ

 

リボルノ 小雨で肌寒い。午後までちんたら船で過ごしていて、上陸しなくていいかな・・とか思ったけど、ちょっくら無料シャトルバスに乗って街まで行くこととなった。

街は石づくりのアーケードがあったり、ちいさな彫刻やら大げさな噴水が交通の邪魔をしていたりして、良くも悪くもイタリアだ。

 

日本ではさっさと撤去されそうな建造物や店が独特の風情を醸しているのだ。ここではちょっとカッコいいカフェで本場イカのパスタなんぞ食って、イタリアンな服を買った。

ついワインを飲み過ぎてしまう

カンヌは海が荒れており、上陸不可だった。毎日朝から飛び出してOPツアーで夕方までびっしり観光なんてオレには無理! 休みの日があっていい。

つーか、俺たちの出発はいつも午後だけどね。夜型はどこに行っても夜型か。このところカジノにハマって(?)酒飲みながら何時間も粘る。

 

f:id:LooGoGo:20161012152351j:plain

船内喫煙所のひとつ。ホントはバルコニーも禁煙だ。 ホントは、ってなんだよ笑

 

翌日はマルセイユプロヴァンス地方 晴れて少し暑い。

やはりヨーロッパの金持ちはスケールが違う。植民地から惜しみなく奪い続けた富で金持ちになったサイテー野郎共のヨットやクルーザーがびっしりだ。

f:id:LooGoGo:20161015134848j:plain

 

世代を超えて搾取し続ければ成金じゃなくて上流階級かよ。クズヤローの末裔が笑わせてくれるぜ、なんて事を考えながらオープンタイプのレストランでメシを食う。

f:id:LooGoGo:20161015201351j:plain

フランスなのにピザw

 

なんとか城を歩き回って夕方になるとバス待ちのスゲー列!この船2-3000人いるからなあ。バスが少ないんだよって、今日は終わり。

f:id:LooGoGo:20161015210321j:plain

小熊に襲われてビビって円盤投げ!みたいな像

 

あっという間の1週間。

今回はこのあと、コルドバに行くのでバルセロナに舞い戻る。

 私が思うに、2週間の旅程でも5日ぐらいのクルーズは組み込むべきだね。全食事付き、7泊8日で寝たり遊んだりしている間にあちこちの国に連れて行ってくれて11万円ぐらいなんだから絶対安い! 

 

何故安いと言えるか? 

ホテルだって二人なら1泊1万以上はするだろうし、交通費や食事代もかかる。移動するにしても荷作りとか手配とか、そんな事から解放され遊んで帰ってきたら好きな食事して自分の部屋でゴロゴロできるなんていいと思いませんか?

 

f:id:LooGoGo:20161012145617j:plain

 

バンフレットは日本語版がベストワンクルーズという旅行会社のページにある。(日本から予約できるのだ)

https://www.best1cruise.com/user_data/charms/546/other_images/ncl_2015-2016.pdf

 

クルーズを検討している人に

同じようなカジュアルっぽい大型客船を運行しているのにはコスタとかMSCなどがある。去年、MSCのディビーナでマルタ島コルシカ島などを6泊でクルーズしたんだけど・・。

ギリシャ コルフ島 MSCクルーズ寄港地 - 重力に逆らってる場合か?!

 

ちょっと思った事がある。

行く先々は良かったのだが、スタッフというかMSCの雰囲気は白人至上主義に他ならない。

例えばレストランでの食事。アジア人なんてまとめて同じテーブルに突っ込んどけばいいだろ って言うのがありありと感じられる。それだけなら配慮と言えるかも知れないが、ワインのオーダーも取りに来ないし、食事の時間も希望も聞かず、毎日同じメンバーでまとめて早い時間だ。

人によっては何も感じないと思うが、海外滞在が長い人なら確実に人種差別を感じるだろう。

ポンペイ

 

ちなみに私達は2回に分かれている夕食の時間を遅くしてもらい、日本人おまとめテーブルから個別の席に変更してもらった。 (その隣は中国人、その向こうは朝鮮人グループというアジアコーナーは、調理場に近く騒がしく、窓際席は全て白人だ

 

不便に疑問も持たず、何も言わずに甘んじていては不満が残る。楽しい旅は自分で作るものだ。

ノルウェージャンはその点に於いて問題はなかった。コスタのクルーズに乗った人もそんな事は無かったようだ。(ちなみにメシもNORWEGIANの方が旨い。)

それから余計なお世話だが、高級なクルーズはバリバリ英語できる人じゃないと十分に楽しめないと思う。裕福層向けに素晴らしいサービスはあるのだが、要望を全て伝え、使いこなせなければ窮屈な旅になってしまうだろう。

 

 とまあ、簡単だけどこんな感じ。

落書きだらけのポンペイローカル線列車 そのまま運行してるし

 

部屋の紹介や、実際の手続やアクセスなどはもう少しページビューが増えたら書こうかなあ・・

リクエストがあれば(ないけどw)内容を充実させて行こーと思う。

 

次はアンダルシアだ

 

にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ
にほんブログ村

ゼロからわかる 豪華客船で行くクルーズの旅

ゼロからわかる 豪華客船で行くクルーズの旅