読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

重力に逆らってる場合か?!

働き盛りが会社を売り払って遊んでる様子を。(重力ってのは幻想らしいですよ)

ANA修行というものに行く 前編

マイラー 外遊記

「次回は・・・」などと予告はするが、次のブログでは無視して書いてるオレに呆れている読者は、・・読者は・・・いない! 

読者自体が居ないw なら気楽なもんで、今回はANA修行という国内旅行記?を書いてみよう。

日帰り 石垣島観光旅行

無計画を絵に描いたような人生を歩んできたオレが、綿密に計画を立てて望む第1回目のSFC修行は石垣島だ。

当家は近年、年2回だった海外旅行を年3回敢行する事を柱とした長期計画を閣議決定。その時々でハイコストパフォーマンスプランを見つけては予約してきたけれど、2015年の夏頃、ANA-スーパーフライヤーズカード(SFC)取得至上案件が上積みされ、今年の秋までは多少無理があろうともANA、そしてスターアライアンス必須の旅行計画を余儀なくされている。

 

秋の3週間大旅行は去年の 

カタール航空オールビジネス往復25万円!

の快適さが忘れられず、再度カタールになる可能性が大なので、プレミアムポイントの取得はないだろう。となれば、旅行シーズンがはじまる夏までにSFCをやっつけてしまうべきと考えた。

 

未練がましくビジネス格安サイトで探すと往復約25万円。 それでもキャンペーン価格プレエコのばばば倍も違うのであった。 やっぱりね。 しかし、考えようによっては通常運賃でエコノミーの3倍はするクラスが、倍額でオールビジネスクラスだ。

秋のヨーロッパ-バルセロナ旅行予定 1 - 重力に逆らってる場合か?!

 

まず予約だけど、日付を替えて色々試していたところ、旅割55で石垣島片道10,490円!が出現した。カネに物言わせてオールプレミアムを目論んでいたハズなのに、初っぱなから指が勝手に動いて予約を完了させてしまった。 

オレの無意識はかなり優秀で、"あれこれ考えている間に値段が上がってしまった" なんて失態を演じなくて済んだのだった。

 

さて、意識を取り戻したオレは行った飛行機で帰るという、ありがちな修行とは一線を画し、プレミアム株主優待でNH092便で帰る事にした。

と言っても羽田-石垣島線は一日2便しかないから他にチョイスがないのだ。

 

f:id:LooGoGo:20170115041437j:plain

石垣行きのANAスケジュール

 

この予約時点ではプレミアムシートはまだ空いていたし、普通席もガラガラだった。

それは石垣島片道 激安10,490円航空券の私が 26A などという窓側前方席を取れた事からも分かるだろう。

 

後に分かるがANAの空席予想は大ハズレ*1 で、それを元にした私のアップグレードへの目論見も泡と消え去った。この件は時間があったら書こうと思う。

 

f:id:LooGoGo:20170112225446j:plain

搭乗口近くに座っていたら日の出となった

 

とにかくおれは当日定刻7時25分にはANAの窓側に座し、食事なし、ワインなし、コーヒーあり、足は窮屈といった感じのまま数時間を過ごし11時には石垣島に降り立った。

 

f:id:LooGoGo:20170113132941j:plain

次の飛行機まで3時間半の過ごし方

すぐさま、オレ捷一号作戦を実行に移す。・・・がまず一服タイムだ!

 

この時間を利用して作戦を簡単に説明しよう。 

石垣島北側にある玉取崎展望台から晴れ渡る沖縄の海を見晴らしたのち、海の近くのカフェでビールと昼食を食い、石垣のスバラシイビーチを歩き、海に指先タッチ(これお題)、おみやげ買って帰る というものである。

 

しかし当日気温20度、天気は小雨・・。

のっけから晴れ渡る海、は絶望的となってしまった

 

f:id:LooGoGo:20170115043300j:plain

 

そして 移動手段は・・・バスである!路線バス。イヤフー!

 レンタカーやタクシーもあるが、こちらは修行の身である。贅沢は慎むべきなのだ。

事前に入手したバス時刻表を精査すると石垣空港11:57分発、目的地玉取崎12:21分着がある。まさにおあつらえだ、イエス!

オマケに帰りも空港着14:28分、おみやげ買って搭乗手続も余裕である。

 

f:id:LooGoGo:20170115043310j:plain

行きに乗ったバスが北端の灯台まで行き、折り返して帰ってきたら乗る、と言う事で、その時間以外に南方向のバスはない。

万が一乗り遅れたら本日最終便のNH092は私を置いて飛んで行ってしまうだろう。いざとなればヒッチハイクしかない、綱渡りの旅程。(ってほどでもないけどね)

 

さて、ぶらぶらして島らっきょうを買い、タバコをもう一本吸っているとバスが来た。どうやら路線バス専用フリーパスが1000円で売っているようである。玉取崎まで510円以上ならパスを買った方がお得になる。目的地までいくらだったのか今でも知らないけどバスの運ちゃんに「パスください」と言って購入した。(実は小銭を持っていなかったからというのは秘密だ)

 

f:id:LooGoGo:20170115235012j:plain

 

後半はほぼ書き終えたから 2-3日後に公開できるかも知れない可能性が高い。

 

 

*1:何と最終的には残席1となり、その金額は普通席で7万円を超えた