重力に逆らってる場合か?!

働き盛りが会社を売り払って遊んでる様子を。(重力ってのは幻想らしいですよ)

MacでATA133カード

PowerMac G4、通称MDDモデル(ミラーなんとかドア)を使ってるのですが、ATA133カードからハードディスクが遠くてケーブルが届きません。

イヤ、辛うじて届きますがスレーブ側は届きません。 

コマッタ。 

 

ATAケーブルは長さが規格で決まってるそうです。

Advanced Technology Attachment - Wikipedia

長いケーブルも売っているのですが、エラーが頻発してはこまる。


それにMDDでは、開けて右側のディスクのキャリアに接続するためにはCPU放熱板の上を通らねばならず、焙られて尚危険!

 一体何を考えてHDDのキャリアをあそこにしたのか。簡単です、何も考えてない。

わたしはアレの名残*1で、3台のHDDを内蔵しています。


マザーボードにATA100コネクタはあるのですがACARD(エーカード)のATA133カードもってるので、使いたいじゃないですか!

ACARD-全てのIDE/SCSI/SATA ストレージのソリューションを


この際だからシリアルATAカードを買って、HDDもシリアル接続に買い換えようかと思っています。

ハヤくなりそうだし。

AEC-6885MS/J Mac用4ch ATA133 RAIDアダプター

AEC-6885MS/J Mac用4ch ATA133 RAIDアダプター

でもカネがかかるなあー。 やはりケーブルを探すことが安く簡単に済みます。済むはずです。 
・・・しかし簡単ではありませんでした。


全長が55cm,、マスタースレーブ間が8cmのATA133ケーブル、そんなモノはありません!
試しに探してみて下さい、無いです。特注するしか手がないんです!

 

ちとご飯なのでココまで・・(*^▽^*)ェ

 

Bloggerから転載

*1:HotLine 熱線、などと呼ばれていましたね。隠語で