重力に逆らってる場合か?!

働き盛りが会社を売り払って遊んでる様子を。(重力ってのは幻想らしいですよ)

2016 秋のヨーロッパ旅行 4 アンダルシア地方〜

いよいよ押しせまってきた長期旅行、と言いたいところだけどまだ旅程の半分。

いよいよ人生初のアフリカ大陸か!

と旅行前は盛り上がっていたんだけど、結局かみさんのモロッコは次回にしようという強力な圧力の前に断念、ジブラルタル海峡をいかだで横断という暴挙に歯止めがかかった。

とウソを書きつつ船は無事バルセロナに戻り、のんびりしたクルーズ時間は終了となる。

鉄道でコルドバ

朝っぱらから客の掃き出しに慌ただしい船を下り、俺たちは荷物を受け取るとすぐさまタクシーでサンツ(Sants)駅へ。朝7時頃、心配していた渋滞もなく確か15分ぐらいで駅に到着した。

バルセロナ港からタクシー  27秒 YouTube

サンツ駅の長距離用窓口に並んでやる気のなさそうなおっさんにコルドバCordoba)行き直行のチケット取得を訴えるが、「売切れだよ」とそっけない。仕方なくマドリッドMadrid)経由となる。8時バルセロナ-サンツ発〜11時マドリッド着。列車を乗りかえてのマドリッド発は13時である。

待ち時間があるので、おおむね到着は直行より3時間ぐらい遅くなる。でもコルドバのホテルは取ってあるから平気だし、初マドリッドも良しとしよう。

強がりじゃないって

 

f:id:LooGoGo:20161019103552j:plain

車内。いい写真がない

日本から鉄道チケットを手配しておいても良かったが、万が一下船が遅れたり道が混んでたりしてら無駄になるかも、と考えていた。 電車なんて最悪いつでもあるし。

でもオンラインでチケットをとれるので、込んでいる時期は予約が吉だろう。

私の駄記事を読んでるぐらいなら以下を読むといい。とても詳しく親切だ。

【2017,1,21更新】 Renfeチケットのオンライン予約・購入方法を徹底解説! | バルセロナ ウォーカー バルセロナ ウォーカー

 

スペインのアベ(AVE)は速い。周りは結構荒涼とした土地で直線に線路を引きやすいのだろうか、しょっちゅう時速290キロ超えを出す。しかも新幹線も真っ青の静粛性。

 

マドリッド、アトーチャ(Atocha)駅は新しくはないが、なかなか大きい。せっかくだからずるずる荷物を引きずりながら外に出て軽食をとり、出発時間まで粘る。

よく分からない駅の構造に多少戸惑いながら再びAVEに乗り、300km/hでかっ飛び夕方コルドバ駅に到着、コンキスタドールホテルへタクシーで直行する。

 

f:id:LooGoGo:20170320000144j:plain

HOTEL EL CONQUISTADOR 入り口

 

コルドバ到着

このホテルに3泊。趣のあるステキな中庭はこの地方特有のモノらしい。部屋は2階、相変わらずのバルコニー付きだ。 

 

メスキータの壁が眼前というロケーションなので、人通りは多く夜まで歩行者の声が聞こえる。 が俺たちは宵っ張りなので夜は全然平気。 だが朝早くからガサガサワイワイと歩き回る観光客がうるさく、必然的に 寝てらんねー!ってことになる。

 

f:id:LooGoGo:20170320002546j:plain

 到着して一休みするも、まだほのかに明るかったので駅まで3キロ程度、歩いて行ってみた。帰りはテラスのあるレストランで食事。雰囲気が良くて気持ちいい。 かみさんはポケモン捕りにも余念が無い。

翌日からは王宮に行ってみたり、無闇に歩き回って何だかよく分からない大広場で食事してみたり・・・例のメスキータに行ったりしてあまり遠出はしなかった。街の雰囲気を楽しむ、という感じ。

コルドバ超ダイジェスト ムービー 2分25秒 - YouTube

 

f:id:LooGoGo:20161017133628j:plain

メスキータ内礼拝堂

イスラムキリスト教の融合はよく分かったが、オレはやっぱりアフリカ大陸が・・。

ってなワケで3日はすぐ過ぎ去り・・・帰りのアベも295キロ/h 連発しながらバルセロナ-サンツ駅に帰着。とうとうコルドバも終わってしまった。 

時々頭をよぎる帰国日の寂寥感。

考えないようにしよう!そうしよう!

 

しかしここから本旅行の2大イベントの後半戦、サグラダファミリアの真横のアパートに3泊するのだ。どのくらい真横かというと通り一本はさんで例の巨大建造物・デカすぎる。テンション上がるヨ これは。

youtu.be 40秒ぐらい

サグラダファミリアは去年も来て、建物に入ったが上階へは登らなかった。今年はなんと!目の前なのに中に入りもしない。笑 そんなもんだよね。何かおなかいっぱいで・・。

 

ここではミロ美術館に、敢えてバスと電車で行ってみたり(例の2階建てバスも通るけど)やっぱり散策してはワイン飲み、また休んではビールのみと、ふらふらしているのが非日常で楽しい。

f:id:LooGoGo:20170320012925j:plain

 

道を間違えてグエル公園へ行くつもりが裏山の山登りをしてしまったり・・。そんで結構景色がきれいだったので満足してグエル公園に入らないで帰ってみたりと、相変わらずの無計画っぷりを存分に発揮して数日を過ごすと・・・・

その日は近いうちに来るだろうとした私の予言通り、帰国の日になってしまった。

がさがさと旅装を整えアパートのカギを机の上に置いて空港に行く。さらばバルセロナ

 

俺たちはBCN(エル・プラット空港)からカタール航空QR0146便に乗る。シートは04Aだ。

バルセロナ1745発 QR146便 飛行時間:6時間25分 A330-300 ドーハ0110着  

ドーハ0705発 QR812便 飛行時間:9時間40分 787-8 羽田2245着

秋のヨーロッパ - バルセロナ旅行予定 4 - 重力に逆らってる場合か?!

3週間旅行の帰国便をカタールビジネスクラスで締められるというのは幸せだ。飛行機内の滞在自体が楽しみなんて何年ぶりだろう。

あとで離陸か着陸のムービーを載せるから(興味ない人が殆どだろうけど)

 

ドーハへ着くと約5時間待ち、ここは行きのトランジットで下見しておいたラウンジのファミリールームで寝る・・・、やっぱりろくに眠れないがここは体を伸ばせるからイスで休むより楽かな。

 

そして朝7時、羽田行き搭乗。席は同じく04A。787-8は個室っぽい配列で、かみさんとは席が離れるがやっぱり快適シートでぐっすり眠れるし食事もおいしい。なんとトイレにも窓がある。

f:id:LooGoGo:20161023125151j:plain

 

羽田着なんて昼だろうが夜だろうが、もうドーハ辺りからどーでも良くなってきている。が、着いたのは夜中だった。

ここでラストイベントカタール航空QR812便限定 利用者特典。

羽田線 お帰りなさい キャンペーン

ご利用特典 深夜パック WELCOMEコース (朝食付き) を無料で利用いただけます。

秋のヨーロッパ - バルセロナ旅行予定 4 - 重力に逆らってる場合か?!

 

 その平和島の温泉に行くには送迎バスに乗らねばならない。別にタクシーで行ってもいいが多分1500円ぐらいかかるだろう http://heiwajima-onsen.jp/midnight_pack.pdf

発着所が分かりにくかったが国際線到着ロビーの下、1Fの団体バス乗り場にマイクロバスが迎えに来る。席は8割ほど埋まった。結構行く人が多いんだな、と思うと同時に気がついた。 

こんな夜中に到着しては地方の人はもう帰りたくても飛行機も電車も無い。ホテルはそれなりにお金がかかるから、このサービスはとても意味のあるものになるんだろう。 やるな、カタール

 

到着後、隣のファミレスでビール飲んでから入場。温泉とサウナ入ってマンガ読んで、雑魚寝。 女性用ルームもあるけどほぼ満員、と言うか定員。連れと離れても良ければ所々空いてはいる。

浴衣着て床に寝っ転がると、アー日本だなあって感じ。 別に嬉しいわけではないが。

・・・で、翌朝送迎バスで一旦羽田に行き、ふりだしに戻ってしまった。

 

そして旅は唐突に終わる。

やたらに長かった、この旅行記も。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ
にほんブログ村

2度目のSFC修行、で国内は終わり? 沖縄後編

ということで、一回で書き終わらなかった沖縄旅行の続き・・。

 ↓ これは前記事

14:35 沖縄 那覇空港に到着

那覇に着陸、小雨、気温22度とのアナウンス。

オレは沖縄にツキが無いのだろうか。初めてのSFC修行、石垣島の時も天気が悪かった。

しかし当日気温20度、天気は小雨・・。のっけから晴れ渡る海、は絶望的となってしまった。

 f:id:LooGoGo:20170115043300j:plain

ANA修行というものに行く 前編 - 重力に逆らってる場合か?!

 

おりて・・、何するんだっけ? とあんちょこ(予定表)を取り出して見る。ゆいレールに乗って旭橋で降りる、とある。

沖縄都市モノレール株式会社「ゆいレール」 えきガイド

  

モノレールは到着階のいっこ上から連絡通路で行く。改札はキップに印刷されたバーコードをSuicaのように改札に押しつけるのだが・・、キップを押しつけるってのは初めてで少し戸惑ってしまった。

f:id:LooGoGo:20170315033138j:plain

 

案の定、中国人などの旅行者も改札前で止まってしまって、案内用駅員がどこの駅も常時見張ってるような状況で、自動改札の意味ネーじゃんと思う。機械は高いし駅員の人件費もかかる、何やってんだろうねえ。

 

モノレールは自動運転ではなかった。

出発して車窓から外を眺めていると、なんだか本土とは違う。・・・何が違うのかと考えてみたら、家の作りが全然違う。 

南国風というのか、白いコンクリートの造型がけっこう奇抜なものがあり、屋根は雪が降らないからだろう、真っ平らで屋上付も多い。でもそのような建物は全体的にかなり古い感じだ。

旭橋で降りてもまだ時に小雨。タクシーも考えたが歩いても15分〜20分ぐらいのようなのでカサ無しで歩く。わざと一本裏通りを歩くと沖縄料理やソーキのお店が結構ある。

ホテルまでの道沿いの高い建物はやはりかなり古く、地震が来たらヤバそうなものが多い。

実際、建物に目張りして立入禁止になっているものまである。 こえーなぁ。

 

沖縄が景気よかった時代の物だろうか。

それはいつだろう、ベトナム戦時代か、日本への返還*1の頃か。

 

かみさんが手配したロワジールホテル 那覇にいく。

沖縄のホテル「ロワジールホテル 那覇」<公式>

 

でホテル到着。 表からは分からなかったが・・。こりゃリゾートホテルだな!

そうか、ここはリゾートなんだ、と今頃思うオレ。

沖縄那覇ロワジールバルコニー - 16秒

f:id:LooGoGo:20170330150125j:plain

ホテル内をうろついていると、かみさんが那覇空港に着いたようだ。

珍しく、ホントーに珍しく迎えに行ってあげる事にした。最近オレは愛妻家の自覚があるぐらいなのだ。

歳をとると人間変わっていくんだなあ〜、なんて。

 

合流後は、既に目星をつけておいた、ソーキそばと海人(うみんちゅ)そばを食べて夜は三線(さんしん)鳴り響く居酒屋でジーマーミー豆腐とか、チャンプルー食べまくる。もちろんオリオンビールも。

 

翌日チェックアウト(11時)後は首里城へ行く。モノレールの終点が首里。駅を降りて駅の真下のバス停で待つ。

バス停はひとつで、色々な行き先のバスが止まるので間違えないように。15分ぐらいで着いたかな。

f:id:LooGoGo:20170314163315j:plain

 

城と言っても物々しさはない。沖縄の王といっても比較的庶民的と言うか、穏やかな統治を想像させる作りだ。

沖縄と言えば大平洋戦争以降を多く語られるが、それ以前に占領して日本に組み込んだのは文化や民族、言語の違いが大きく無理があったのではないかと思う。やった事は欧米諸国の植民地と変わらないのではないか。

多くの植民地は独立したが、沖縄は。

f:id:LooGoGo:20170314163405j:plain

・・・その後はその名も轟く国際通りへ。寿司食ったりマンゴーナントカ食ったり、ビール飲んだり。俺たちはキホン、どこ行っても同じで、いつもの外国の飲み歩きと変わらない感じ。 

 

おみやげ買って夕方那覇空港に舞い戻り、ANAラウンジでしばし休み、20:05発 NH476便に乗り込んだ。

旅割28で購入したプレミアムクラス、座席は2K。

機材変更があったコトは覚えているが・・何になったんだろう?B777かな? 忘れてしまった。

 そしてGOZENである。

もちろんスーパーなフライヤーズになりたくて始めたコトだ、たとえ GOZEN を一日3回食おうとも後悔はしないつもりだ! いやむしろ全部食う! これが修行というものなのだ。 そうなのか?

2度目のSFC修行、で国内は終わり? - 重力に逆らってる場合か?!

 

このあと羽田から車で帰る事を思い出し酒は飲まない。この旅行3回目のGOZENはまたもや内容が違い、初めてのゴハン(米)もオイシく戴きました。

プレミアムポイント

この北海道-沖縄修行をもって、累積37200プレミアムポイント。一泊してかみさん引き連れてきたので、お金はかかったけど、修行とは到底言えないような観光旅行を楽しめた。

 

2月のはじめにニュージーとオーストラリア行って、*2 5月のマレーシアまで3ヶ月も仕事ばっかしてらんねー!と言ったタイミングでの沖縄行き、1泊でも朝5時半から翌日夜10時過ぎまでだからかなり長い。

仕事が絡まないこんな1泊旅行は10年ぶりぐらいだろうか。 

スゲー長く感じたけど満足!

 

f:id:LooGoGo:20170314205707j:plain

しょーもない写真

あ、そうだ、プレミアムポイントだ。

実は悲しいお知らせ(誰に?)がある。

1月の石垣往復、2月のニュージーランドシドニーANAプレエコ、今回3月の千歳那覇羽田三角飛び、5月GWのマレーシアANAビジネス(お得な運賃)で5万PPに到達するはずだった。

 

しかし、いくつか不運とマイラーにあるまじき失敗をしてしまった結果、なななんと、順当に行くとあと536プレミアムポイント不足という事態になってしまった。

 

このいいわけはそのうち記する事として今回はそのまま終わろう。

ほぼあり得ないが世の中何があるか分からない。一応奇跡が起きるチャンスは残っているのだ。

 にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ
にほんブログ村

 

まっぷる 沖縄'18 

↑これかみさんが買ってた。詳細図をiPadに持ち出せるので、雑誌を持って行かなくても済む

*1:沖縄の人皆が日本復帰を望んでいたわけではない。独立=琉球王国への復帰の運動もあったのだ

*2:

恒例、冬の2週間旅行に出発 〜キウイとオージー〜 - 重力に逆らってる場合か?!

ソラチカカードを持ってる人に JCB限定

3つの便利が、1枚の翼になりました
ということで、

JCB限定 ANA QUICPay + nanaco

ANAコレクターや航空ファンの方は必須!のアイテム登場。

と、おれが思ってるだけかも知れないけど。

 

ソラチカで家族会員カードを発行していない私は、生計を共にする家族(簡単にいうとかみさん)のためにこのキーホルダーみたいなのはどうかな、とすぐ思った。

f:id:LooGoGo:20170414234554j:plain

 

オレが毎度 iPhoneやらガラケーでskipサービスなどを使ってさくっと手荷物検査などを通過しているのに彼女はいつも印刷した紙だ。 

一緒に航空券をとっているので、アプリが個別発行に対応していない場合、彼女がそういったデバイスを持っていないとオレまで紙になる。

まー別にいいんだけどさ。現物主義も。

 

海外で事前チェックインを済ますのにいちいちホテルのフロントに行ってプリンター借りて印刷ってのも面倒だろう。

今や、乗る航空会社のアプリがあれば搭乗券がバーコード表示されるのが普通である。

 

彼女は紆余曲折あって今は安いガラケーiPad Airを使っているが、オレがスマホにしたらiPad Air イラネーだろうから売る、と言ってるのでなぜかそれを恐れ、スマホにするとは言わないのだ。

まーそれでもいいんだけど、何となくね、年取ったご夫婦なんかがイミグレや海外でのトランジットで突然*1「搭乗券」っていわれた時、ポケットをガサゴソまさぐって

「あんたが持ってるでしょ」とか

「あれ?どこ行った??」なんてやってるのを見ると、覚えるのが面倒でもテクノロジーを身につけなくちゃなあ、なんて思ったりするわけ。

って、カンケーネー話をしてしまった!

 

とにかくだな、このキーホルダーはいいんじゃないかなって話! 

本人じゃないとWebでは手続きができず、申込書が必要になるようけど(よく読んでない)生計を共にする家族なら発行できるみたいだ。

 

予想と憶測で書いてるけど、オレの記事なんてこんなもんだ。

以上、本日の講義はここまで!

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

 

*1:これがあらかじめ分かってると、パスポートやら旅行会社の案内書まで手に握りしめているんだけど

2度目のSFC修行、で国内は終わり? 沖縄前編

本人は既にいっぱしのマイラーのつもりである。それなりに海外旅行もしてきたし。

しかし去年の夏にマイルの価値に目覚める前はテンでバラバラの、LCCを含む安い運賃を探して旅行に行っていた。そしてそれが得だと固く信じて疑わなかった・・。*1

それがドーよ。

 

今じゃ穴、もとい、ANAに取り込まれてしまってSFC修行しているオレがいる。もちろんスーパーなフライヤーズになりたくて始めたコトだ、たとえ GOZEN を一日3回食おうとも後悔はしないつもりだ!

いやむしろ全部食う!

これが修行というものなのだ。

そうなのか?

羽田〜千歳〜那覇 一泊、翌日羽田に戻る。

と、ここまでははてなの下書きをしておいた。旅行前の予定を公開しようと思っていたのだ、が!

もう昨日帰ってきてしまった。ハハハ

 ・・いつもの事だ、この面倒な事は先送りする性格。そう、ブログはチョーめんどい。 あーめんどうだー っと。

ぼやきはこのくらいにして旅行記を書こう。

いつか笑える日が来るさ。byクリスタルキング

 

 まずは出発段階。羽田の駐車場

朝5時45分、自宅を車で出発して羽田空港まで首都高使って45分だった。実は羽田から飛行機乗るために自動車で行くのは初めて。 

羽田の駐車場は認知されてくるにつれて車が集中し満車の事があり、入れない車がウオーサオーして道を塞いだり、飛行機に乗り遅れたりする事例が頻発しているそうだ。

オレは空港周辺整備されてからも2-3回は送迎に行った事あるし、駐車場も使った事があるけど、もし初めて行く目的の駐車場に一回でドンピシャ入れたら尊敬するね。そしてナントカ着いたと思ったら満車だったらアセるね! 

時間に余裕がありまくってればいいけど、ちょっとそんなリスクは犯せない。そんなあなたに予約も可能だ。予約金1000円も取りやがるけど。

 

 羽田にはP1〜P4までの4棟の立体駐車場があるんだけど、わざわざ2つの運営団体を作り利用者に不便でわかりづらくしておいて、それぞれ均等に利権を分け合ってる。

P1とP4、P2とP3、それぞれJAL側、ANA側に各1棟ずつ。

 

同じ事やってるのにホームページも別、予約状況も別なので一覧できないけど*2料金体系は一緒で、どうせ談合してるだろうから競争原理は働かない。

いちいち見比べなくてはいけない不便さなんてこれっぽちも考えていない天下りしたスクラップどもが、がんばって考えた集金システムだ。

 

f:id:LooGoGo:20170315232617g:plain

 

今回はANA側のP3が工事中なので混雑が予想された。

1ヶ月前から予約できるので、その頃サイトを見たところ案の定ANA側のもう一つ、P4は満車だったのでJALP2を予約。 多少遠くなるが仕方が無い。

当日は無料ターミナル巡回バスを利用して、待ち時間を含め約15分ぐらいのロスだった。(10分程度で歩く事もできるが荷物がある場合バスが楽と思う)

 

f:id:LooGoGo:20170313064426j:plain

俺はひとり、札幌へ

今回はかみさんがちょっと仕事に煮詰まっている様子だったので、沖縄で一泊するプチ旅行案を提案したところ、自分も一旦ANAのエコノミーで福岡に行き、空港近くの温泉に入ったあと、余っているユナイテッド航空のマイルを使用し特典航空券で福岡から沖縄に飛ぶ、という技を瞬く間に繰り出して来た。

 

この技は経済的な配慮をしつつ自分も昼から温泉を楽しみ、さらに修行帰りの私と2時間差で那覇で合流して一緒に沖縄料理と共にオリオンビールを堪能するという、高度な複合技だ。 さすが元旅行雑誌編集者。

 

f:id:LooGoGo:20170313143715j:plain

 今回の旅行は家庭が円満・国内一泊沖縄旅行と名付けよう。ベタすぎる?w

でも修行も連れが来ると思えば意外と一泊でも充実したものになるんだなあ。

 

さて、威張って3Kの席に陣取ってる俺を乗せたANA053便は、搭乗口の変更を経て58番ゲートからほぼ定刻8:00にプッシュバック。

HND - CTS株主優待割引を使ったプレミアムシートである。

なので朝っぱらから、初めてスパークリングワインをもらって飲んでみる。

・・ふつうだ。

 

 そしてゴハンは大きなスープ付きのGOZENだ。 ポタージュスープ飲んで・・・スパークリング飲む。 

まずいっ! 

 

スープとは合わない事が判明(あたりめーだろ)したので、何やらこまごまとおいしいおかずをつまみながら泡ワインを飲んだ。

あっという間に飲み干すとすかさず

「もう一本如何ですか」

と聞いてくれるやさしいCAさんから遠慮なく戴いて翼の王国*3をふんふん読んでいると既に着陸態勢。

 

隣席のオヤジさんは機嫌が悪いのかそういう人なのか、上着も脱がず靴も履いたまま、メシもさっと食べてずっと足と腕を組んでいる。

別にいいんだけど両手両足を組んで体をよじっていると、痩せてらっしゃる事もあり、ヒネリ雑巾みたいだ

うはははは!

エコノミー席でもよろしかったのではないか、などと余計な事を考える。

 

無事千歳に着陸して九死に一生を得たオレは、那覇行きまで約50分の時間がある。乗り換えドアの前に立っているANAのねーさんに一度は乗換えと告げたが、やっぱり一度出てみる事にした。

ゴメン、ねえさん。

 

ゲートを出てそのまま真っ直ぐ歩くと外に出た。寒い。雪も残ってる。

せっかくだから北海道の寒さを全身に感じながら屋外の喫煙エリアで一服して・・。 さみー。

千歳空港到着階 喫煙エリア近く

 

やる事ないのでまた手荷物検査を受けて中に入った。ANAのラウンジもあったけど、またどうせ食事も出るし別にいーやと素通り。

SFC修行僧にあるまじき行為である。

 

那覇行きANA1693便 10番搭乗口、せっかくだから1K席なのに優先搭乗 笑

CTS - OKA定刻10時40分から5分ぐらい遅れて?プッシュバック。ここから羽田〜台湾とほぼ同じの約4時間という長時間フライトが始まる。

 

旅割28でのプレミアムクラスなのでまたGOZENだっ!

でもなんと羽田発とは中身が違う。スバラシイ。 学習したので今度は先にみそ汁を飲み干し、混ぜごはんと別体になったおかず(?)膳をぱくぱく食べる。

うまい。鮭が。 ホントマジ鮭が美味い。

 

今度は白ワインをもらう。既にいい気分なのにまた あっという間に飲み干すとすかさず「もう一本如何ですか」に加え、「今度は赤にしますか?」と、気の利いた事を言ってくれるやさしいCAさんに反抗してvin blanc(フランス語)を戴く。

ゴメン、ねえさん。 混ぜごはんも残してしまって。

 

暫くするとモーいい気分になって寝てしまうオレであった。

14:35 沖縄 那覇空港に到着

めんどくさがる割に書き始めると長くなる。

どーなってんの? てことで 以下次号!!

 

にほんブログ村 旅行ブログ 個人旅行へ

*1:確かにエコノミーを使ってる分にはそれがいちばんお金を使わないのは間違いない

*2:ここに登録すれば現在の空き状況は分かる。iPosNetリアルタイム駐車場情報  無料なのになぜ要登録として不便にしているのかは不明

*3:言わずと知れたANAの機内誌。国内版と海外版がある。実はこれ大好きで、読むのが楽しみ